スモールバスケットボールの公的戦視聴について

幼児の班のミニバスケットボールの正規戦があり、昼過ぎから2競り合い瞳を見に行ってきた。幼児は2年生だから、出れないかもしれないが、1学年上の3年生で先々が楽しみな子がいるので、ムズムズしながら見に行ってきた。その3年生が、6年生相手に一歩も引かず対応しているのがすごかった。単にディフェンス。ボールを簡単に持たせないし、万が一ボールを持たれても、心配をかけまくっていた。抜かれても、徒歩が速く直ちに追いつきまた心配ディフェンス。高学年になった時にどれだけうまくなっているのが楽しみになった。競り合いは、負けてしまった。1競り合い瞳も負けてしまったので、これで敗退です。惜しくも高学年実況が活躍して受け取ると強くなると思った。なにか誇りなさげにプレイしているのが非常に気になった。セルフィッシュな遊戯はよく褒められたものではないが、彼たちは、決心がなさすぎる。二度と皆さんを信じて、強気に攻めてほしいと思った。幼児は参加機会がなかった。幕開けがあるのは来季以上かな。今は土台をじっくり見に付けてほしいものである。アイフル キャッシング atm