結局は二この世も三この世も同じハンデを持ち合わせる

よく俳優や役者などの世界では二世間、三世の方々が活躍しています。歌舞伎なんかはほとんどそのような中での素地ですし、父母がやるために小さい頃から影響を受けてあこがれることも多くてやはりなのかもしれません。
ただ、そのような場合には父母の七光りですとか言われて比べられることも少なくありません。それは芸能界だけの話ではないと思います。世襲でCEOになったり、父母の基盤を引き継いで議員に陥るケースもよくある話です。
二世間、三世間というのも結局は有利な部分と一大部分と同じくらいあるのではないかと思います。なので、父母の名前を武器として存分に利用することは規則正しいと思っています。金欠時代の課題をトピックにして笑わせる歌手と同じようなもので、自分の秘めるものを全部出して利用するのは当たり前だと思うのです。二世間には二世のハンデがあり、何も知り合いの乏しいパーソンにはそれなりの見比べられなかったりという任意さがあるはずです。そんなふうに考えると、誰もが同じ土俵に立っているのかもしれません。

ボートレースに行ったら友達に釣られて溶かしちゃった…

先週末、高校で同じ部活だった友人(以下A君)とボートレースに行きました。家から見えるところに競艇場があるので小さい頃からボートレースは馴染みのあるものでしたが、実際に大きなお金を賭けてみるのは今回が初めてでした。
A君は賭けが好きでカジノへ行くためにマカオまで一人で旅行するほどです。彼はボートレースでは何度か勝った経験があるようで、今日も5万、10万と大金を賭けていました。
ボートレースは一般的にコースの内側ほど勝率が高いと言われています。今回見たレースも3周で順位を競いますが大番狂わせのようなことが起きることはほぼなく、大抵は内側を走る舟が勝っていました。また色々なレースの中でもボートレースは非常に勝ちやすいことも知られています。
では、なぜ負けてしまったのかというと、友達に釣られて3連単ばかり賭けていたからです。これは1位から3位までの着順を予想する賭け方ですが当然当たる確率は非常に小さいものです。ですがボンボン賭けまくるA君に釣られてポンポン出しまくった結果、一度も当たらず終わってしまいました。
賭け事では悪ノリは非常に悪手ですがすっかりそれを忘れて痛い思いをした一日でした。ミュゼ 100円 予約 電話

フェレットは仮説を飛び越えてるアニマルだと感じた。

我々は鳥獣全般好みだが、犬が一番好みだと思い込んでいたし言い続けてきた。

ところが、フェレットという日々を始めるといった
「好きな鳥獣は?」と聞かれたら
迷わず「フェレット!!!」という呼ぶだろう。

なぜって?

・作戦から飽きずにエサを食べて来る。
・身の程知らずに肉球がある。
・毎日ハンモックで寝ている。
・ウィーク一度の耳メンテは清涼極まりない。
・暑いと腹を出しておっさんみたいに寝る。
・猫掴みをされると服従する。
・ポツポツ感じる牙が萌える。
・ポツポツ当てはまるベロがペロペロする。
・アクセスが人間の体の一部分と認識していないらしく、アクセスに圧力をたくらみて生じる。
・猫以上にじゃれる。
・人間の作戦にもじゃれる。
・意見が出ないので大人しい。
・意見が出ないが、どこからか「クククク。。。」って音を出す。
・ええちする特性に萌える。
・1か月たつとボディが著しい匂いになる。
・梅雨時分はボディが絶えずエラい匂いになる。
・その体の匂いに萌える。
・形相をどんどん見ていても目をそらさないで得る。
・赤ちゃんの時にめちゃくちゃかまれる。
・作戦が血まみれケースになるときも起こる。
・カミカミマシーンだった子が、甘噛みになり
・甘噛みがペロペロになり
・握りこぶしの中で寝てくれるように変わる。

・そうしてそういったフェレットに、自身は萌える。

如何だったでしょうか。
フェレットって
想像以上に眩しい鳥獣でしょ?